しみとそばかすの違い

肌にある茶色い転々はシミ?それともそばかす?形や濃さによっては、鏡を見ながら自分の顔にできたものがシミなのか、そばかすなのかはっきりとわからない女性も多いです。

 

ではしみとそばかすの違いはどのようなところが挙げられるでしょうか?

 

一見同じように見えるしみとそばかすですが実は大きな違いがあります。

 

自分の肌にできたものはどちらなのか、見分ける参考にしてみてください。

しみ

しみ

しみは医学的に6種類のタイプに分けられ「老人性色素斑、脂漏性角化症、雀卵斑(ソバカス)、炎症性色素沈着、肝斑、花弁上色素斑」などに分けられます。

 

この中で最も多いしみが老人性色素班です。

 

老人性色素班は若いころ紫外線をたくさん浴びた人ほどできやすく、頬や骨格の高い場所にできる境界が明瞭で数ミリ程度のメラニンの色素斑です。

 

年齢を重ねると目立ってくるので老化現象の一つとして考えられています。

 

しみは紫外線の影響だけではなくホルモンバランス、生活習慣などの影響も受けて後天的にできてしまいますが、老人性色素斑、炎症性色素沈着、肝斑なら美白化粧品を用いた美白ケアが可能です。

 

ただし、脂漏性角化症、花弁上色素班は美白化粧品を使っても消えないので他の方法を使ってケアする必要があります。

そばかす

そばかすはしみの種類のうちの雀卵斑(ソバカス)にあたります。

 

老人性色素斑との大きな違いは「体質や遺伝要素」によってできるという点です。

 

老人性色素斑は紫外線の影響で後天的にできてしまうものがほとんどですが、そばかすは遺伝や体質によって幼少期の頃に出現します。

 

しみよりも細かい粒が頬に広がり、大人になると徐々に薄くなる傾向があります。

 

遺伝要素でできたそばかすはしみよりも薄くすることが難しいと言われています。

しみやそばかすを増やさないためには

しみもそばかすも紫外線の影響でメラニン色素が増えて色が濃くなります。

 

そのため今以上に増やさないためには紫外線対策が欠かせません。

 

どんなに高級な美白化粧品を使ったとしても、日焼け止めを塗らずに紫外線を浴びてしまえばほとんど意味がないと言えるほどです。

 

外出する時はもちろん、家にいる時も日焼け止めを塗るのがベストです。

 

また医薬部外品の化粧品を使ってメラニン生成を抑制することも大切です。

 

年齢を重ねると自分の肌の新陳代謝だけではシミやそばかすを外に排出することが難しくなります。

 

メラニンの色素沈着を防ぎ、今あるメラニンを体外に排出されることがしみやそばかすを薄くします。

 

普段のスキンケアでは保湿を欠かさず行い、美白成分を肌の浸透させてメラニン生成を予防してくださいね。

 

フレキュレルの口コミと効果※フレキュレルでそばかすケアトップページへ戻る