そばかすにハイドロキノンは使える?効果はあるの?

そばかす ハイドロキノン

顔の中央で目立つそばかす。メイクで隠すのも疲れた、すっぴんでいても平気なようになりたいと思うのはあなただけではありません。

 

そばかすってどうやって消せばいい?どうやったら消える?と一生懸命に探す人ほど、ハイドロキノンを使って消そうかな…と思う方も多いのではないでしょうか?

 

ハイドロキノンといえば肌の漂白剤と言われるほどシミには効果的に働いて気になるシミを撃退してくれます。

 

そこでハイドロキノンはそばかすケアにも使えるのか、調査しました。

ハイドロキノンのメリットデメリット

ハイドロキノンを使う前にまずはハイドロキノンのメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

今販売されている美白化粧品のほとんどは

これから発生するシミを予防するもの

今あるシミを薄くするもの

 

に分けられていて、ほとんどのコスメがこの2つのうちの1つの効果を持っているものが多いです。(もちろん二つの効果を持っているコスメもあります)

 

ハイドロキノンはこのうち今あるシミを薄くすることに効果を発揮してくれる美白成分で、皮膚科で処方してもらったり、市販では4%配合が上限で販売されています。

 

今ある気になるそばかすやシミを薄くしてくれるなんて…それが求めていた効果よ!と思いますよね。

 

ハイドロキノンは美白効果が高い成分なのでシミに悩んでいる人には心強い存在です。

 

ただし、ハイドロキノンにはデメリットも存在します。

 

それが効果が高い故に副作用もあるということ。ハイドロキノンは刺激性が高いので、肌が弱い人が使うと肌荒れが起きる可能性があります。

 

またつけたまま紫外線にあたると肌のバリア機能が弱くなっていくので逆にしみやそばかすが濃くなる危険性が高まります。(なので基本的には夜だけ使用します)

そばかすケアにハイドロキノンは有効か?

そばかす ハイドロキノン

そばかすが出来ている方は肌のバリア機能が弱い傾向にあります。

 

そこに副作用が強くでるハイドロキノンを足すのはどうでしょうか?

 

肌荒れを起こして逆に肌に刺激を与えメラニンを活性化させてしまう要因になりかねません。

 

そばかすケアは低刺激がマストで、肌に強い成分を浸透させるのは御法度のようなものです。

 

そばかすとシミは同じメラニン生成によって形成されることからハイドロキノンでそばかすを薄くするのは可能にも見えますが、それ以前にそばかすができやすい肌質に対し、想像以上の負担を強いることになります。

 

早くそばかすを薄くしようとするほど、肌に対して刺激が強く、負担がかかる方法になりがちです。

 

目先の効果は早いかもしれませんが、刺激による肌トラブルが発生してしまう危険性が隠れていることを忘れてはいけません。

 

安全にそばかすを薄くしたい人はフレキュレルのような無添加の低刺激性クリームで、優しく肌に浸透してそばかすを予防するコスメを使用するようにしてくださいね。

 

 

★フレキュレル★36%OFF

↓↓公式サイトはこちら↓↓

http://frequrell.com

 

フレキュレルの口コミと効果※フレキュレルでそばかすケアトップページへ戻る