そばかすの種類と隠し方!

そばかすの種類

そばかすは、雀卵斑とも言われますがこれは形が雀の卵に似ているところからきています。雀の卵はあまり見かけることがないと思いますが、うずらの卵の模様とにています。

 

またそばかすは「そばがらを砕いてばらまいたような形」からきています。そばかすの原因は、遺伝的素因である部分が大きく、幼児期(5〜6歳)からできています。

 

成長すると増えていく経口にあり、内分泌活動が盛んになる思春期に目立ってきますが、年齢を重ねるとともに色も薄くなり、その形も不明瞭になっていきますが、個人差も大きく、いつまでも目立つ人もいます。

 

大人になってからのそばかすは色白で日焼けしやすい人にできやすく、紫外線に当たることでメラニン色素が多く生成され、色が濃くなり目立つようになります。

 

従って春から夏にかけては特にそばかすが目立ちやすくなります。

そばかすの隠し方

そばかす 隠す

そばかすを目立たなくさせる対策は様々あります。

 

基本は紫外線によりメラニン色素が過剰生成されるのを防ぐために、日焼け止めなど、UVケアや美白化粧品が有効です。またその他にもメイクで隠す方法もあります。

 

まずファンデーションはそばかすは肌が乾燥したり新陳代謝が乱れると目立ってくるので、保湿作用をもったメイク崩れしにくく肌にぴったり密着するクリームタイプのものがお奨めです。

 

できれば日焼け止め効果があるものを選んでください。

 

ファンデーションは、顔の中心から外側に向かって、あご先→額→鼻筋→両目の下の順に伸ばしていきます。

 

ファンデーションでケアしたあと、それでも目立つ部分はファンデよりもやや暗い色のスティックタイプのコンシーラを使うと良いです。

 

重ね塗りする場合は、メイクブラシののせて指先で押さえながらなじませると、色ムラを防げます。仕上げはフェイスパウダーで上からおさえるようにします。

 

そばかす 種類

メイク方法によっては、そばかすをほとんど目立たなくさせることも可能ですが、毎日毎日そばかすを見えなくするためのメイクは大変ですよね。またメイクを頑張れば頑張るほど肌への負担も増え、逆にそばかすを増やすハメになることも…。

 

そばかすが目立たなくさせたいのであれば、フレキュレルで肌ケアをおこない、そばかすができにくい肌質に整えてあげるほうが後々の肌を考えると理想的です。

 

フレキュレルでもそばかすのケアには時間がかかりますが、それでも美白効果でそばかすが自然に目立たなくなる肌質への変化を期待できます。

 

フレキュレルを使ってそばかすに悩まない肌質を手に入れてくださいね。

 

フレキュレルの口コミと効果※フレキュレルでそばかすケアトップページへ戻る