フレキュレルの副作用について

フレキュレル 副作用

フレキュレルを使う前に確かめたいのがフレキュレルを使って副作用は出ない?といったこと。

 

直接肌に使用するものだからこそ、安全性には気をつけたいですよね。特に顔にそばかすができている方は敏感肌の方も多いです。

 

敏感肌の場合、肌のバリア機能も普通肌の人もよりも弱く、そのため紫外線等の影響を受けやすいのが特徴です。

 

ではフレキュレルを使うことで肌が赤くなってしまったり、炎症が起きてしまうことは起こり得るのでしょうか?

 

フレキュレルの副作用について調査しました。

フレキュレルの成分からわかる副作用(危険性)とは?

フレキュレル 副作用

まず、フレキュレルは肌に刺激を与えることがないように、香料、着色料、タール系着色料、紫外線吸収剤、パラベン、鉱物油が全てフリーとなっています。

 

敏感肌の場合これらの成分が配合されていると逆に肌が荒れてしまう原因にもなりますが、フレキュレルにいたってはこれらの添加物は配合されていないので、肌に優しい成分でできていると言えそうです。

 

またそばかすができる肌質の人には刺激を与える化粧品であってはいけないので、フレキュレルは低刺激性のクリームタイプでできています。

 

フレキュレルはクリームの伸び率がとってもいいので肌に負担をかけることなくスーッと肌の上を伸びていきます。

 

化粧水、美容液、乳液…と使っているとそれだけ肌に負担をかけるので、これ1つでケアができるのも時短と肌への負担軽減の一石二鳥になるのがメリットです。

 

さらに敏感肌用パッチテスト、累積刺激性テスト、アレルギーテスト済みです。これら全ての試験をクリアし、肌に安心して使えるものが私たちの手元に届きます。

 

品質性を保つために国内工場で製造されているので、海外製のような安全面での不安もありません。

フレキュレルは返金保証制度がついている!

フレキュレルの安全性は確かですが、どんなに肌に安全性があったとしても誰が使っても100%安心とは言い切れません。

 

そこでフレキュレルは180日間の返金保証制度を設けています。

 

万が一肌に合わなかった場合や使い続けても効果が得られなそう…といった場合は180日間であれば使用した後でも返金してもらうことができます。

これはある意味そばかすで悩む私たちにとって損がありません。

 

美白化粧品とフレキュレルは成分が異なるので、今まで美白化粧品を使用してもなかなか効果が得られなかった…といった方は「そばかす専用」のフレキュレルを返金保証制度つきで試してみても良さそうです。

 

フレキュレル公式サイトボタン

 

フレキュレルの口コミと効果※フレキュレルでそばかすケアトップページへ戻る