フレキュレルは肝斑にも使えるの?

フレキュレル 肝斑

30代以降に両頬にできてしまう肝斑

 

肝斑は目の下のほほ骨にそって薄くぼんやりと、左右対称に現れるのが特徴です。

 

肝斑はストレスやホルモンバランスの影響でできてしまうものなので、そばかすや日焼けによるシミとは別物です。

 

肝斑はシミやそばかすと似ているので、肝斑を消して綺麗な肌に戻したいと思うのが世の女性です。

 

肝斑というとなかなか手ごわいイメージがありますが、フレキュレルで肝斑を改善することはできるでしょうか?

 

そこでフレキュレルの美肌成分で肝斑にも効果が期待できるのか調査しました。

肝斑の原因

そもそも肝斑ができてしまう原因ですが、肝斑は

 

ホルモンバランス

ストレス

睡眠不足

摩擦

紫外線

 

によってできてしまうと言われています。

肝斑治療に使われる成分

フレキュレル 肝斑

肝斑は、内服薬と塗り薬で治療するケースがほとんどです。

 

レーザー治療でケアすることもできますが、レーザー治療は効果がなかったり、逆に色素沈着を起こすことがあるので肝斑ケアには不向きです。

 

一般的に内服薬で肝斑治療に使われる成分はトラネキサム酸です。そして塗り薬で肝斑に使うのがビタミンC誘導体、ハイドロキノンなどです。

 

これはトラネキサム酸が女性ホルモンのバランスに影響を与えないこと、そして安全性が高い美白成分だからです。

 

フレキュレルは美白クリームですが、配合成分の中にこのトラネキサム酸が配合されています

 

さらにフレキュレルには油溶性甘草エキスが配合されています。

 

油溶性甘草エキスはメラニン色素の生成を抑制する高い美白成分で、肝斑の治療にも使われていますが、抗炎症作用でメラニンの合成が抑える働きがあるのでシミの中でも特に肝斑への効果が大きいと言われています。

 

そばかすケアにはビタミンC誘導体が効果的ですが、油溶性甘草エキスもビタミンC誘導体と似た美白プロセスでシミへアプローチ(チロシナーゼの働きを抑えます)するので、フレキュレルはその美白効果からそばかすだけではなく肝斑への効果も期待できると言えるでしょう。

 

フレキュレルだけで肝斑が綺麗に治る!とは言い切れませんが、肝斑を治すために並行して使うとフレキュレルの成分が肝斑へアプローチするのは間違いがありません。

 

また肝斑は紫外線によってさらに悪化するので肝斑を治したい!と思ったら紫外線対策は必須です。

 

そばかすやシミ、肝斑といろんなタイプのシミに悩んでいる方は全てにアプローチできるフレキュレルならコスパがいい美白クリームになってくれるので毎日のスキンケアに取り入れてみてはいかがでしょうか?

フレキュレル公式サイトボタン

 

フレキュレルの口コミと効果※フレキュレルでそばかすケアトップページへ戻る