フレキュレルは妊娠中や産後に使って大丈夫?

フレキュレル 妊婦

妊娠中は女性ホルモンの影響でシミやそばかすが増えやすく、肌の手入れに悩む妊婦さんは非常に多いです。

 

「妊娠中はシミができやすいとは聞いていたけどここまでとは思っていなかった」と口にする妊婦さんも。

 

妊娠中と言えどそばかすが増えると老けて見られたり、肌の手入れを怠っているようにみられたり、精神的に落ち込みますよね。

 

今まで美白ケアを一生懸命していたほどショックが大きいです。ではフレキュレルはそんな妊娠中のシミにも有効でしょうか?

妊娠中のそばかす・シミの原因

妊娠中にできるそばかすやシミは女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)の分泌の影響によってできます。

 

妊娠中は女性ホルモンの分泌が過剰になりメラノサイトがこれらのホルモンの影響を受けて活発化します。するとメラニンがどんどん生成されてしまい、シミやそばかすができます。

 

このように妊娠中のホルモンバランスによってできたシミを「妊娠性肝斑」といいます。

出産後もそばかすが消える人と消えない人がいる

妊娠性肝斑はホルモンバランスの影響を受けてできてしまうため、出産後は自然に薄くなる妊婦さんも多いです。

 

ですが「なんだ、薄くなるのか♪」と油断してしまうのは禁物。というのも出産後もこの妊娠性肝斑が肌の表面に残り、いつまでも消えなくなってしまう方もいるからです。

 

出産後も妊娠性肝斑が消えるか消えないかの違いは妊娠中にそばかすのケアをしていたか、していなかったかの違いです。

 

この妊娠性肝斑は色素性沈着ですが、紫外線を受けるとどんどん濃くなってしまい出産後も消えなくなるので注意が必要です。

妊娠性肝斑のケア方法

妊娠性肝斑を妊娠中にケアするコツとして

 

紫外線の影響を受けないようにする
美白化粧品を使う
肌の保湿を行う
睡眠をしっかりととる

 

ことが大切です。

 

美白化粧品は多くありますが、妊婦さんの肌はデリケートなため安心して使える肌に優しい成分で美白ができる美白化粧品がオススメです。特に妊娠中にできた「色素性肝斑」にはトラネキサム酸が有効です。

フレキュレルは妊婦さんでも使ってOK

妊娠中は肌が一層デリケートな状態です。今まで使っていたものが急に使えなくなったり、使用する化粧品によってはアレルギーを起こしてしまう事もあります。

 

特にハイドロキノン系は副作用もあるので、この時期に多くの女性が使用している美白化粧品を使用すると逆に肌が荒れてしまう可能性もあります。

 

一方、フレキュレルは敏感肌用のそばかす専用美白クリームなので、肌がより一層デリケートな妊婦さんでも使用できます。

 

妊婦だからこそ、「低刺激性」のものを選ぶことが大切ですよね。フレキュレルに配合されている有効美白成分はトラネキサム酸で安全性が高い美白成分です。

 

またフレキュレルにはビタミンCの270倍の美白力があると言われている油溶性甘草エキスが独自技術でナノ化されて配合されています。

 

これらが肌の角質層の奥に浸透し、メラニン色素の生成量を減少させます。

 

フレキュレル 妊婦

日常的な紫外線対策に加えてフレキュレルを使用しておけば、出産後に綺麗な肌を取り戻す準備はばっちりです。

フレキュレルは産後の肌にも使える

産後は、妊娠中と同じ原因でそばかすが出来てしまうことがあります。

 

産後のそばかすにもトラネキサム酸は有効で、妊娠中どうよう、普段とは異なるデリケートな肌にも使用することができます。

 

産後は慣れない育児で自分のスキンケアに十分な時間を費やすことができません。かといって気になる肌状態をそのまま放置しておくのは後々後悔しやすいです。

 

フレキュレルは特別乾燥が気にならない人であればこれだけのケアでもOKのそばかす専用美白クリーム。産後、育児の邪魔にならない程度でそばかすをケアしたいといった方はフレキュレルを検討してみてくださいね。

 

フレキュレル公式サイトボタン

 

フレキュレルの口コミと効果※フレキュレルでそばかすケアトップページへ戻る